現代舞踊公演 久住亜里沙『ココロの遺伝子』,山本 裕『ベートーヴェン交響曲第九番~歓喜の歌~』,二見一幸『RITE-儀式-』|2017都民芸術フェスティバル 公式サイト

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ

  1. Home
  2. 公演一覧
  3. 現代舞踊公演 久住亜里沙『ココロの遺伝子』,山本 裕『ベートーヴェン交響曲第九番~歓喜の歌~』,二見一幸『RITE-儀式-』

2017都民芸術フェスティバル 公式サイト

現代舞踊公演
■久住亜里沙『ココロの遺伝子』
■山本 裕『ベートーヴェン交響曲第九番~歓喜の歌~』
■二見一幸『RITE-儀式-』

私たちはなぜ踊るのか――
踊りの遺伝子をたどる

まだ言葉を持たない太古より、人間は自然・神・仲間たちとの繋がりを確認するために「ダンス」という儀式を行ってきました。この崇高かつ緊張感に満ちた行いは、現代に生きる私たちの体内にも、踊りの遺伝子として脈々と受け継がれています。今回の現代舞踊公演では、この踊りの遺伝子というものを「ココロと肉体」「RITE(儀式)」「愛と生命」という3つのテーマで舞踊言語化することを試みます。

作品紹介

  • 久住亜里沙『ココロの遺伝子』<新作>


    『氷点下の上に立つ―芽吹―』
    ©SATOSHI TSUCHIYAMA

    <作品紹介>
    DNAの二重螺旋 人と人とのココロの距離
    DNAの結合のように 人との出逢いも偶然ではなく 必然ではないだろうか。
    そして 人と人との繋がりとは……

    出演:関口淳子、矢澤亜紀、林 七重、菅原さちゑ、佐藤百恵、井上みな、伊東由里、岩本真由子、小野ゆうき、服部朱美、岡 由利亜、青木香菜恵、さくどう葵、熊木梨乃、江藤裕里亜、磯 結夏、中西涼花、久住亜里沙

    久住亜里沙 Arisa KUSUMI
    久住亜里沙

    久住亜里沙

    菊地尚子、能美健志に師事。日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。菊地尚子率いる705 Moving Co.にて数々の作品に主要メンバーとして参加。また上原尚美、能美健志、宮本 舞、鈴木ユキオ、Nathan Trice等、新進気鋭の振付家作品に出演。全国舞踊コンクールにて上位多数受賞、2011年自身のソロ作品『μm-ココロとカラダと距離-』で現代舞踊協会制定新人賞受賞。2013年、単身ニューヨークへ。 映像、インタラクティブアートとダンスとのコラボレーションプロジェクト『MERGE vol.1 』を現地の美術家たちと企画、TRISKELION ARTS THEATERにて公演し好評を得る。帰国後、新国立劇場にて新進舞踊家海外研修員による現代舞踊公演(主催:文化庁、現代舞踊協会)にて『0℃ 』を発表。2014年、ニューヨークにて『MERGE vol.2』をCenter for Performance Researchで公演。同年、『Cocoon』を発表し現代舞踊協会制定群舞奨励賞を受賞。2015年、日暮里サニーホールにてArisa Kusumi Presents『四季』を公演。
    2017年、3331 Arts Chiyodaにて『MERGE vol. 3』を日本で初公演。

  • 山本 裕『ベートーヴェン交響曲第九番~歓喜の歌~』


    『The color of flowers』2016年
    ©大洞博靖

    <作品紹介>
    さあ 踏み出してごらん 純粋と残酷の世界へ
    輝く肉体はこの瞬間を待っている これは愛と生命を紡ぐ……歓喜の歌!

    出演:伊藤有美、大橋美帆、小倉藍歌、北島 栄、近藤 碧、たけだ有里、田中朝子、藤井淳子、船木こころ、南 帆乃佳、森 晴江、森山結貴、山之口理香子、脇坂優海香、飯塚友浩、大前裕太郎、木許惠介、土田貴好、藤村港平、山本 裕

    山本 裕 Yu YAMAMOTO
    山本 裕

    山本 裕

    折田克子、水谷みつるに師事。
    現代舞踊協会制定新人賞、ダンスプラン賞、埼玉全国舞踊コンクール第1位、チェコで開催されたNew Praha Dance Festivalでダンスシアター賞を受賞するなど、数多くの受賞歴を持つ。文化庁新進芸術家在外研修員制度でオランダのスカピーノバレエ団に1年間留学。シャープなテクニックと独創的な振付には定評があり、ヨーロッパ各地のフェスティバルや国内のダンスカンパニーより招待され、振付提供やゲスト出演している。近年では、オーケストラと落語によるオペラ「兵士の物語」や、江戸東京博物館主催スカイツリー完成記念特別公演では戯曲「エッフェル塔の花嫁花婿」の振付・出演を手掛けるなど、異分野のアーティストとも積極的にコラボレートし、その活動はダンスのジャンルにとどまらない。瀬戸内国際芸術祭では、香川県の直島よりアーティスト・イン・レジデンスとして招聘。またアルティ・ブヨウ・フェスティバルやシアターΧ国際舞台芸術祭の振付家に選出されるなど、着実に活動の幅と奥行きを広げている。
    2015年、キッド・アイラック・アート・ホールの依頼により初のソロ公演を行い、満員御礼の好評で幕を閉じた。2016年にはアジアや世界各国の新進振付家が集結する福岡ダンスフリンジフェスティバルにおいて、作品「深海」が選出される。おかやま国際音楽祭岡山シンフォニーホール開館25周年記念コンサートでは生オーケストラによる「ボレロ」、そして岡山県主催の初の事業、クラシック音楽と舞踊のコラボレーションでは「ベートーヴェン交響曲第九番 ~歓喜の歌~」を発表する。
    都民芸術フェスティバル参加現代舞踊公演の振付家に史上初の2年連続選出され、その舞台の模様はJ:COMチャンネルにて放映された。

  • 二見一幸『RITE-儀式-』<新作>


    『CHAIN EFFECT』
    ©大洞博靖

    <作品紹介>
    マイケル・ゴードンのミニマムで挑発的な響き 畳みかけてくる音楽に この「儀式」という行為が私の中で重なる。
    今、自分の中にある全ての舞踊言語を吐きだし 身体によって現れるRITEに挑みたい

    出演:田保知里、中村真知子、池田美佳、佐々木紀子、花村愛子、小林啓子、長谷川真奈美、清水揚子、大野木純子、遠藤 恵、西山 舞、片山葉子、武安由宇里、岡 千春、荒俣夏美、前田麻緒、佐藤洋介、三井 聡、西澤光時、二見一幸

    二見一幸 Kazuyuki FUTAMI
    二見一幸

    二見一幸

    La Danse Compagnie Kaléidoscope/Dance Brick Box主宰
    ICHIBANGAI Dance Studio/G-Screw Dance Labo講師
    東京都立総合芸術高校/日本女子体育大学非常勤講師
    1981年振付家を目指し庄司 裕に師事。埼玉国際創作コンクール大賞、こうべ全国洋舞コンクール1位、東京新聞全国舞踊コンクール創作1位東京新聞大賞受賞。文化庁芸術家在外研修員としてフランスへ2年研修。1996年帰国後、La Danse Compagnie Kaléidoscopeを設立。以来、クリエイティブコンセプトを深化させる旅が続く。文化庁芸術祭優秀賞、ベストダンサー賞、音楽新聞村松賞受賞。外部ワークショップ及び作品振付指導も多数。マシューボーンカンパニー来日時には、レッスン講師に指名される。東京新聞制定石井 漠・はるみ指導者大賞、現代舞踊協会制定群舞奨励賞、チャコット賞、江口隆哉賞(江口隆哉賞に係る文部科学大臣賞)を受賞。さらに、創作公演活動を続け、後進の育成にも力を注いでいる。

  • 照明:加藤 学

    音響:山本 直

    舞台監督:田中英世

日程・会場

  • 開催日:2017年3月16日(木)~17日(金)
    3月16日(木)19:00
    3月17日(金)19:00

    ※開場は開演の30分前です。

    ※予定上演時間1時間30分(途中休憩あり)

  • 会場:東京芸術劇場 プレイハウス
    〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1

    【アクセス】JR山手線・埼京線、東武東上線、西武池袋線、東京メトロ有楽町線・丸の内線・副都心線「池袋駅」西口から徒歩2分
    ※池袋駅地下2b出口と直結

チケット

  • 料金(全席指定・税込)

    前売・当日 4,000円
    学生席 1,000円(2階席/現代舞踊協会に要事前申込/当日要学生証提示)

    ※車椅子席、介助犬同伴をご希望の方はチケットご購入時に現代舞踊協会へお申込みください。

    ※未就学児のご入場にあたっては、事前に現代舞踊協会へご相談ください。

  • チケット取扱い

    現代舞踊協会
    Tel.03-5457-7731 http://www.gendaibuyou.or.jp/

    東京芸術劇場ボックスオフィス
    Tel.0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)
    http://www.geigeki.jp/t/(パソコン)http://www.geigeki.jp/i/t/(携帯)

    チケットぴあ
    Tel.0570-02-9999(Pコード455-381) http://t.pia.jp/(パソコン&携帯)

  • チケット発売日

    2016年12月20日(火)

  • 主催・お問い合わせ

    一般社団法人現代舞踊協会 Tel.03-5457-7731 http://www.gendaibuyou.or.jp/

託児サービスのご案内

「東京芸術劇場託児施設 だっこルーム」

東京芸術劇場での公演をご鑑賞の際、お子様をお預かりします。

【お預かり対象】生後3ヵ月から小学校入学前のお子様(定員あり)

【お預かり時間】9:00~22:00(劇場休館日は除く)

【お申込み方法】お電話での事前予約(利用日の運営事務所1営業日前正午まで※)
※月曜日のお預かりは前週金曜日の正午まで、前週金曜日が祝日の場合は木曜日正午までとなります。

【料金】開演30分前から終演30分後まで
~1歳児:2,560円(税込)
2~6歳児(就学前):2,160円(税込)

【お申込み・お問合せ】小学館集英社プロダクションTel.03-3981-7003(平日10:00~17:00)

ページの内容終わり

このページの関連メニュー

TOPへ